東京新宿メイルクリニックとは?!

イケメン院長

今日はちょっとしたこぼれ話です。

ちょっとした雑談なのでお暇な方のみにお勧めします。真剣に包茎クリニックをお探しの方はこちらへどうぞ。

ゆみなーが気になって気になって仕方ない、東京新宿メイルクリニック様のお話です。

 

目が離せない、それが東京新宿メイルクリニック

 

読者の皆様もそうかもしれませんが、包茎ブログをしていると、自然と包茎がらみの検索をするようになります。

ゆみなーも包茎彼のこともあり、また元来の凝り性のこともあり最近はスマホを持てばすぐに「包茎関連ブログ」を見ています。

「亀頭直下埋没法を開発した医師はどなたなのだろうか」と疑問を持てば、グーグル検索窓に「亀頭直下埋没法 開発者」などと入れたりしています。

おかげでグーグルのアルゴリズムに把握され、最近は検索しなくても包茎関連の広告がポップアップしてくる毎日です。

 

東京新宿メイルクリニックのブログは絶対読むべき!

そんな中でもゆみなーがはまってるのが、東京新宿メイルクリニックのページ。

亀頭直下埋没法(129,600円)はじめあらゆるプライスを公開しており、もちろんドクターの氏名もお写真も公開しておられます。非常にクリーンな印象をうけます。

圧巻なのが診療日記。圧倒的な症例数と情報量、丁寧な記述。そして驚きの症例写真。HPの文章からみても先生自らが執筆されてるのは明らか。

美容外科ナース歴の長いゆみなーくらいになると、HPからある程度のことがわかります。伊藤院長は、①件数が多く ②情熱を絶やさない、医師であることがうかがえます。

特に写真付きの修正症例はもう宝だと思います、これから包茎手術を受ける方はぜひ見るべきですよ~。包茎手術は魔法じゃないってことがわかるから。

 

伊藤院長ってどんな方?

かくして、ゆみなーは伊藤院長のファンになったわけです。

詳細な経歴はのせておられませんが、

今から17年前の平成2年10月に泌尿器科における外来手術専門のクリニックに勤務以来、紆余曲折を重ね美容外科手術も含め膨大な症例数を経験してきましたが、男性の性器に関わる手術は大変複雑な手技を必要とするもので女性の美容整形に匹敵するんじゃないかと理解する様になりました。

(東京新宿メイルクリニック)より

 

「切って切って切りまくって」きたDrということがわかり、しかも情熱を絶やさない姿勢もうかがえて、ゆみなーは大満足。

 

伊藤院長が、漫画の主人公に!

そんな伊藤院長ですが、なんと漫画の主人公になっていたのです。

東京新宿メイルクリニックHP より転載

しかも、漫画家は山崎大紀先生!(驚

わかります?わかりますか?(興奮)

見てこの絵、山崎大紀先生と言ったら、もう風俗体験漫画の大御所ですよ!

(多分若い方や真面目な方は知らないと思います。ゆみなーは女子ですが山崎氏の漫画をなぜか知ってるのです)

 

伊藤院長の私生活が・・・

そんな奇跡のコラボ、この漫画は、

伊藤院長が新宿のクラブで飲んでいるところから始まります。

キャバ嬢相手に無双する伊藤院長

伊藤院長が行きつけのキャバクラで飲んでいます。

そこへ山崎先生が合流して・・

 

なんと二人は長い付き合いだった!

なんと、伊藤院長と山崎先生は「長い付き合い」!!包茎手術の名医と風俗漫画家の大御所の邂逅…。

この突き抜けた二人の天才がどんな濃い会話をしてるのか、きっと男性の性を知り尽くしたプロの二人だからこそ、成立する会話があると思うとゆみなーは思うのです。

 

東京新宿メイルクリニックがすばらしい理由

 

前も書きましたが、包茎手術のドクターは大学病院の院長なんかと比べるとあまり出自を公開しません。

また価格も不透明な部分があります。なんとなく、色眼鏡で見られる分野であるのは間違いないのです。患者さんも恥ずかしがって隠したがりますよね。

でも、ゆみなーはやはり堂々とクリーンにすべきだと思いますし、時代はその方向に向かってると思います。

患者さんも隠さない方がいいと思いますよ。隠すといろんなつじつまが合わなくなって自分が苦しくなりますから。

 

伊藤院長は名医なんだと思います

そこでいくと、伊藤院長は突き抜けています。

症例公開はともかく、まさかこんなぶっとんだ漫画まで…。等身大で人間味を感じるではないですか。正々堂々とやってる、楽しんでやってる、それがよーくわかります。

きっと患者さんも、こういうドクター接するだけでコンプレックス解消されて前向きにやっていこうと思えるんじゃないかな。これってもう名医ですよね。「触らず治す!」みたいな。

あ、ちなみにこの漫画は「第一章 シリコンリング編」なので続編があるようです。続くんだ!(汗

続編が来たらまたレビューしたいと思います。

この記事を書いた人

看護師ゆみなー
看護師ゆみなー

大学病院で2年勤務後美容外科クリニックへ転職。当時(神奈川クリニック時代)は包茎手術の黄金時代。これまで10人以上のドクターの包茎オペ介助につき、たぶん600名以上の包茎患者さんを担当しました。2017年から交際を開始した彼氏がまさかの重度仮性包茎…!。付き合ってみて分かった包茎男子の不都合さに唖然。2018年9月に包茎手術予定。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

当サイトの免責事項